猛暑いつまで続く2019最新情報!原因や対策方法を徹底調査!

暑さにうんざりする女性の画像

7月は肌寒い日があったり、日照不足の日があったりなかなか夏らしい日がありませんでした。

ところが梅雨明けと同時に連日30度超え!

日によっては35度と高温警報が出る日があったり危険な暑さが続いています。

しかし、9月はいつまで暑さは続くのでしょうか?

そこで今回は猛暑いつまで続く2019最新情報!原因や対策方法を徹底調査!と題してお届けしていきたいと思います!

スポンサーリンク


猛暑いつまで続く2019最新情報!

台風15号が運んできた熱帯の空気と強い日差しにより、9月も暑い日が続きました。

東京都心は9月としては観測史上4位の暑さで2000年以来19年ぶりでした。

北海道では9月1位になった場所もあります。

ですが、雨が降り猛烈な暑さは治りそうです。

30度くらいの日もありますが、涼しい空気が入ってきます。

ですので、9月中旬には秋らしい気候になってきそうです。

猛暑いつまで続く2019のピークはいつ頃?

連日続いている今年の猛暑は2度のピークを迎える予想でした。

太平洋高気圧の勢力が強まる7月末~8月上旬と、8月末~9月上旬の2回です。

8月上旬は1年で最も暑い時期とされています。

気象庁が発表した2019年の8月と9月の気温傾向によれば、沖縄・奄美地域では70%の確率で平年以上の気温となり、それ以外の北日本、東日本、西日本では80%の確率で平年以上の気温となりました。

熱中症傾向の情報においては、8月は北海道を除くすべての地域が厳重警戒または警戒という今夏でした。。

9月に入っても沖縄、九州、四国、中部地方は熱中症警戒地域とされています。

湿度は8月に入ってから少し下がってきたようですが、気温が高すぎて不快指数は高いですね。

暑さは落ち着いてきますが引き続き警戒が必要ですね。

スポンサーリンク


猛暑いつまで続く2019の原因は?

うだるような暑さの原因は「ダブル高気圧」!

ダブル高気圧とは、太平洋上で発達する太平洋高気圧と中国上空で発達するチベット高気圧が二重になっている状態をさします。

通常の日本の夏は、太平洋高気圧のみに覆われます。

ところが2019年は太平洋高気圧の上にチベット高気圧が覆いかぶさってしまい、熱がこもりやすい状態になっています。

このダブル高気圧によって気温が高くなってしまうそうです!

猛暑いつまで続く2019の対策方法

猛暑が続くと気をつけたいのは熱中症です!

毎年熱中症で病院に搬送されたというニュースを1度は目にしているのではないでしょうか。

7月29日から8月4日の一週間で、東京都で1857人、愛知県で1342人、大阪府で1210人が熱中症で病院に搬送されています。

東京都ではその前の週の299人から6倍にもなっています。

注意が必要なのは都心だけではありません。

気象庁の熱中症傾向の情報においては、8月は北海道を除くすべての地域が厳重警戒または警戒するべきという予測がされています。

9月に入っても沖縄、九州、四国、中部地方は熱中症警戒地域とされています。

熱中症は最悪命を落としてしまう可能性もあるので、対策は万全にしておきましょう!

実際にどのような対策グッズなどがあるのかご紹介したいと思います!

熱中症対策グッズ

冷却パック

体を冷やす定番アイテムといえば冷却パック!

効率的に体をクールダウンさせるには、首元や両脇、足の付け根などを冷やすのがおすすめです。

ネッククーラー

水で濡らして首に巻くだけなので、外のレジャーやお子様の熱中症対策におすすめアイテムです!

100円ショップでも購入できるので、手軽なのも嬉しいポイントではないでしょうか。

冷感スプレー


冷感スプレーは衣類や肌にスプレーすることでひんやり涼しくなる便利アイテムです。

なかには香りつきの冷感スプレーもあるみたいですよ!

不快な夏のジメジメを、涼しさといい香りで乗り切れるグッズではないでしょうか。

ポータブル扇風機

ポータブル扇風機はベビーカーを利用しているママさんに特におすすめのアイテムです!

小さいお子さんは体温調節がうまくできないので、その分熱中症にかかりやすいです。

クリップ付きのタイプをベビーカーに取り付けてあげるとお子さんの熱中症リスクをさげることができると思います!

保冷材ポケット付きクールタオルマフラー


強い日差しで首元の日焼けをしたくないけど、ストールやマフラーを身につけるのは暑すぎる…という女性に一押しのアイテムです。

薄手のマフラーになんと保冷剤を入れるためのポケットが付いているんです!

首元を冷やして熱中症を防ぎながら、日焼けも防げる素晴らしいアイテムです!

食べ物や飲み物

経口補水液

熱中症対策グッズとして定番アイテムになりつつあるのが経口補水液!

ですが、1本あたりの値段が高めなんですよね。

そんな時は自分で作ってしまいましょう!

水1リットルに塩小さじ1/2、砂糖大さじ4、レモン汁(ポッカレモン)適量を混ぜ合わせるだけで経口補水液が作れます。

家にあるもので作れてしまうので、お財布にも優しいです!

タブレット


熱中症対策用の塩分タブレットというものがあります!

私は子供の熱中症対策で今の時期必ず持ち歩いています。

味もお菓子感覚で食べられますし、気付いたときにパッと食べられるのでおすすめです。

熱中症対策であれば塩分と糖分が摂取できる塩飴がおすすめ!

ただ塩味が嫌な人でも柑橘系や梅、サイダーなどのフレーバーもあるのでお好みの味を選ぶことができますよ。

ただし、「塩分の摂取は体内に水分をより多く蓄えておくために有効な方法である」に過ぎないので、タブレットや飴を食べたからと言って安心できません。常に飲み物とセットで持ち歩きましょう。

スポンサーリンク


紫外線対策

日焼け止め

紫外線対策といえば日焼け止め!長時間外出される場合は必ず塗っておきましょう!

日焼け止めにもクリームタイプ以外にもスプレータイプと様々な種類があります。

スプレータイプは手を汚さずにスプレーするだけなので、持ち歩き用におすすめです!

サングラス

日焼けは目からもするのはご存知ですか?

しっかり紫外線対策をするのであれば目もしっかり紫外線から守らなくてはなりません。

サングラスをかけるのに抵抗がある人は、おしゃれメガネでも紫外線カット効果があるものがありますよ!

帽子

紫外線対策の帽子選びのポイントはツバが大きめのものを選ぶこと!

ツバが広いほど紫外線から顔や首回りを守ることができます。

日傘

日傘も紫外線対策の定番アイテムです!

日傘を選ぶ際に気をつけたいのは内側の色!シルバーなどの色を選んでしまうと、足元からの照り返しを反射してしまい逆効果になってしまうそう。

日傘の内側は黒や紺の紫外線を吸収してくれる色のものを選びましょう!

まとめ

今回は猛暑いつまで続く2019最新情報!原因や対策方法を徹底調査!と題してお届けしてまいりました!

  • 猛暑のピークは8月4日とされていましたが、例年より厳しい残暑が続く見込み。
  • 猛暑の原因はダブル高気圧
  • 熱中症対策は体を冷やすことと水分、塩分などを補給すること。
  • サングラスや帽子、日傘を利用して紫外線をカットするのも効果的。

 

という結果になりました!

今回も最後までご覧いただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です