中筋憲一のwikiプロフや経歴!年収や結婚した嫁(妻)や子供はいる?

長野の大自然の画像

中筋憲一さんは累計26億本を売り上げる大ヒット商品「消せるボールペン」こと「フリクションボール」の開発者です!

2019年9月30日(月) NHK総合「逆転人生」に中筋憲一さんご本人が出演されました。

※NHK総合「消せるボールペン 逆転大ヒット!」

※2019年10月5日(土)0:20~(金曜深夜)、2019年10月7日(月)15:08~の再放送が予定されています。

開発にたどりつくまでは様々な苦難があったそうです。

そこで今回は中筋憲一のwikiプロフや経歴!年収や結婚した嫁(妻)や子供はいる?と題しまして中筋憲一をご紹介したいと思います!

スポンサーリンク


中筋憲一のwikiプロフィール

  • 名前:中筋憲一(なかすじけんいち)
  • 生年月日:1943年6月21日
  • 年齢:76歳(2019年10月現在)

 

「消せるボールペン」こと「フリクションボール」を開発した中筋憲一さんは発明家で、元パイロットインキ株式会社の取締役社長です。

パイロットインキ株式会社は有名な文房具会社「パイロット」の関連会社です。

今では様々なメーカーから「消せるボールペン」が発売されていますが、「パイロット」の消せるボールペンの商品名が「フリクションボール」です。

中筋憲一さんが開発した「フリクションボール」にも採用されているメタモインキは、中筋憲一さんが27〜28歳の頃に当時赴任していた愛知県にて、たまたま外回りをしていた時に見た紅葉からひらめいたそう!

香嵐渓の紅葉のような色彩変化を再現できないかと考えたのが、フリクションインキの原点でした。

そこから30年以上もの年月をかけて開発された「フリクションボール」。現在ではおなじみの商品ですよね。

その開発には30年以上もの年月がかかりました。それ程までに至る熱意は誰にでも真似できる様なものではありません。

2016年に開催された伊勢志摩サミットでは外務省のサミットバッグの中身にフリクションボールが採用されました。

その際に菅官房長官が文字が綺麗に消える様子を見て非常に感動し、それがきっかけで政府内でも御用達アイテムとなったそうです!

中筋憲一の出身高校や大学はどこ?

中筋憲一さんの出身高校に関する情報は見つける事ができませんでしたが、大学は岐阜大学の工業化学科を卒業されている事はわかりました!

岐阜大学は教育学部、地域科学部、医学部、工学部、応用生物科学部の学部があり、卒業生には山口千景さん、かわら長介さん、竹中登一さんなどが在籍していました。

スポンサーリンク


中筋憲一の経歴

中筋憲一さんは大学卒業後の1966年にパイロットインキ株式会社に入社しました。

その後、1993年に第2開発部長、1996年に取締役、2002年には代表取締役社長に就任します。

そして30年以上開発に携わってきた「フリクションボール」を2006年にヨーロッパで発売、翌年2007年3月に日本国内でも発売となりました。

ヨーロッパで飛ぶように売れた「フリクションボール」は、翌年に売り出した日本でも1日で77万円を売り切るほど大ヒットしました。

ひとつ200円のボールペンがそれ程までの記録を伸ばしたのです。

消せるボールペン「フリクションボール」の開発により会社のピンチを救った中筋憲一さんは、2011年に取締役会長、2015年に相談役を経て退職しました。

退職後の現在は大学などで講演をするなど、講師としての活動を行われています。

フリクションボール開発までのストーリーが2019年9月30日(月) NHK総合「逆転人生」で放送され、中筋憲一さんご本人も出演されました。

※2019年10月5日(土)0:20~(金曜深夜)、2019年10月7日(月)15:08~に再放送が予定されています。

中筋憲一の年収はどれぐらい?

中筋憲一さんの年収に関する情報はありませんでした。

ですが、現在は退職されているので年金や講師としての収入のみと考えられます。

現在老齢基礎年金の満額は約78万円とのことでした。

これに講師としての収入を合わせると中筋憲一さんの年収は800万円前後ではないかと考えられます。

ちなみに、レクサスに乗っている(た?)そうですよ。

スポンサーリンク


中筋憲一の結婚した嫁(妻)や子供はいる?

中筋憲一さんの妻や子供に関する情報はありませんでした。

フリクションボールの開発までに30年以上の年月をかけて取り組んでこられたとのことなので、独身を貫いていらっしゃる可能性もあります。

もし結婚されていらっしゃるとしたら、現在76歳とのことなのでお孫さんやひ孫さんがいるかもしれませんね!

なぜ中筋憲一はフリクションボールを作ったのか?

もともとフリクションボールにも採用されているフリクションインキの原理は発見していたそうなのですが、何に使えばいいか思い当たらずにいたそう。

なぜなら文房具は色を保つことに価値があるとされ、消えるインクは文房具としての価値がないと思われていたからです。

そこから30年経った2004年にパイロットヨーロッパ販売会社の社長マルセル・ランジャールさんから、小中学で万年筆やボールペンを使っていて、間違えた時に消すのに困っているので何かいい方法はないかと相談を受けたそう。

それがフリクションボールを開発するきっかけになったとのことでした。

フリクションボールはなぜ書いて消せるのか不思議ですよね。

その仕組みは名前にもなっている「フリクション(摩擦)」!

”フリクション(Friction)とは、英語で「摩擦」「衝突」等を意味する名詞、および「こする」「摩擦する」等を意味する動詞である。

出典元:フリクション – Wikipedia

「消せるボールペン」こと「フリクションボール」は、温度で色が変化するインクを使用したボールペンです。

フリクションボールで書いた部分を擦ると、その摩擦熱で透明に変化し、消えたように見えるんです!

まとめ

今回は中筋憲一のwikiプロフや経歴!年収や結婚した嫁(妻)や子供はいる?と題してお届けしてまいりました!

  • 中筋憲一さんはフリクションボールの開発者である。
  • フリクションボールの開発に30年以上の年月をかけられている。
  • 妻や子供に関する情報はありませんでした。

 

という結果になりました!

今回も最後までご覧いただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です