保科美幸の経歴や年収!革製品の修理の依頼方法やお店の場所はどこ?

鞄,画像

保科美幸さんは、革製品を修理する職人さんです。
なんと、エルメスやシャネルなどの高級ブランドのものまで修理できちゃう超達人なんです。

どんなに大切にしていても、年月が経つとだんだん汚れたりくたっとしてきたり・・・
仕方のないこととはいえ、やっぱり悲しい!
そんな大切な宝物がよみがえるのはとっても嬉しいですよね!

今回はそんな革製品修理職人の保科美幸さんについて、基本的なプロフィールから経歴、気になる年収などについても調べていきます。
また、どのようにすれば保科美幸さんに修理の依頼ができるのかや、お店の場所についても調べていくので、どうぞ最後までお楽しみに!

スポンサーリンク


保科美幸のwikiプロフィール

  • 名前:保科美幸(ほしなみゆき)
  • 生年月日:1980年8月6日
  • 年齢:39歳(2019年8月現在)
  • 出身地:神奈川県川崎市
  • 家族:ご主人、子供

 

有名な職人さんですが、タレントさんなどではないので、詳しいプロフィールは公開されていませんでしたが、2019年3月18日に放送されたNHKプロフェッショナル仕事の流儀に出演した際の情報です。

放送当時、8か月のお子さんをおんぶして仕事をしていましたので2019年8月現在1歳を超えていると思います。

ご主人に関しては保科美幸さんも一般の方なので情報はありませんでした。

職人であり、母であるかっこいい方ですね。

保科美幸の経歴

今でこそ高い技術を持ち、全国的に有名な職人さんですが、現在も勤務されている「美靴工房(びかこうぼう)」に入社した当初は革に関する知識も技術も全くなかったんだとか。

最初は受付や営業職でした。

ある時、頑張っているからと工房からフェラガモのパンプスを頂きました。

そのパンプスを市場調査もかねてクリーニングに出したところ、艶加工を取られてしまいパンプスが本来の美しさではなくなってしまったそうです。

とても悲しい思いをしました。

これがきっかけで、オリジナルの色や形を忠実に再現し、品物を作った職人へリスペクトするような職人になろうと修理を始めました。

本場イタリアへ修行に行き24歳の頃には技術部門の見直しを一任されるまでになりました。

まったく何もできない状態からのスタートですから、もちろん失敗も挫折も経験されたと思います。

ですが努力を絶やすことなく仕事と向き合い、だんだんと知識も技術も身につけて戦力になっていきました。

自分の苦い経験があったからこその今の保科美幸さんがいるんですね。

保科美幸の年収はどれぐらい?

これだけ人気の職人さんというと・・・気になるのは年収ですよね!

ですが仮にも一般の会社員の方が年収を公開しているはずもなく・・・

ということで今回も予想していこうと思います!

まず一般的に革の修理を仕事にしている人の年収は500万円~1500万円くらいです。

幅広いですが、一般のサラリーマンの平均年収よりお高いですね。

やはり革の修理というのはあまり多い職業ではないですし、誰にでもできることではないのでこのくらいは稼げるのでしょうね。

更に保科美幸さんはメディアに出演したり雑誌でコラムを連載されたりもしているので、2000円万円くらいはいっているのでは?と噂されています。

やっぱり技術がある職業は強いですね!!

保科美幸のお店はどこ?

美靴工房です。

  • 住所:東京都世田谷区玉川3-21-8 1階

  • 営業時間:11時~18時
  • 休日:日曜、祝日
  • 電話番号:03-5491-4103

スポンサーリンク


保科美幸に修理を依頼や値段はいくら?

保科美幸はいくつか店舗があるようですが、保科美幸さんにお願いしたい場合は先述の世田谷区の店舗に脚を運ぶのがよさそうです。

ホームページを見てみると、、電話での問い合わせも可能とのことです。

以前は、メールでの画像送信による問い合わせもあったそうですが現在は中止しております。

ちなみに価格はというと・・・

  • クレンジング:8000円~
  • クレンジング、全体捕色:14000円~
  • カビ:1050円~
  • ハンドルのみ捕色:7000円
  • 四隅のみ捕色:10000円~
  • ショルダーのみ捕色:8000円~

です!

高級ブランドバッグがこのお値段で忠実にお直ししてもらえるのは安いですね!

保科美幸さんはレベルの高いお客さんとも同じレベルの会話ができるように自分をも磨いています。

内面も外見も磨いている意識の高さも人気の一つですね。

まとめ

それでは最後に「保科美幸の経歴や年収!革製品の修理の依頼方法やお店の場所はどこ?」についてまとめて終わります。

  • 保科美幸は革修理の職人でだが、最初は知識も技術もないまま入社して努力を重ね人気を得た。
  • 保科美幸は自身が大切なパンプスを修理に出して失敗した経験から、オリジナルをリスペクトすることをモットーとしている。
  • 保科美幸の年収は非公開だが、予想だと2000万円くらいだと言われている。
  • 保科美幸の勤務する美靴工房は東京都世田谷区にあり、11時~18時営業で、日曜祝日が休み。
  • 保科美幸に修理を依頼するには、直接お店に行くか電話での問い合わせができる。

 

いかがでしょうか。

大切なものほど長く使いたいですよね。

新しいものを買うのに比べて価格も抑えられますし、修理に出すという方法があることをあまり意識したことがなかった人も、この機会にいいかもしれないですね!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です