台風13号2019の米軍進路予想やヨーロッパの最新情報!名前が気になる!

台風画像

プーン、と部屋の中で音がした時に、蚊と戦いに勝つまで眠れない。

どうもRYOです♪

夏といえばまた、台風の情報が入ってきましたね。

皆さまに対策していただくために今回は、

台風13号2019の米軍進路予想やヨーロッパの最新情報!名前が気になる!

ということで記事を書いていきたいと思います。

 

台風13号2019の飛行機の欠航や影響!新幹線の運休・運行・遅延は?で調査しています。

台風画像

台風13号2019の飛行機の欠航や影響!新幹線の運休・運行・遅延は?

2019年9月3日

スポンサーリンク


台風13号2019の米軍進路予想図の最新情報

米軍JTWCが公開している台風13号ですが、9月6日から7日の午前9時にかけて、九州地方へ向けて最接近します。

石垣島や宮古島を通過する5日の台風の強さは43.69m/sということで、非常に強い勢力です。

皆様もお気をつけください。

台風13号2019のヨーロッパ予想図の最新情報

ヨーロッパ中期予報センターでは、米軍の情報と殆ど同じく9月7日にかけて九州地方へと接近する予報となっています。

韓国の南あたりにいるようです。

なんと、同時に台風15号も接近している可能性がありますので、今のうちに日用品などは揃えておきましょう。

スポンサーリンク


台風13号2019の気象庁の進路予想図の最新情報

気象庁からの予報では、5日の昼ごろから昼過ぎにかけて、暴風域を伴い先島諸島を直撃するとのことでした。

猛烈な風や高波がある可能性があるため、注意が必要です。

そのあと6.7日には九州地方に上陸するでしょう。激しい雨も降る可能性が高くなっています。最大風速は40mです。

台風13号2019の名前や由来は?

台風13号の名前は「レンレン」と言うそうです。

意味としては「少女の名前」です♪

ちなみにこの台風の名前ですが、台風委員会などが提案するための名前があらかじめ140個用意されていて、台風が発生した順に名付けられます。

台風13号2019の日本への影響は?

熱帯低気圧の影響で、西日本と東日本では連日猛烈な暑さを伴う可能性があります。

週の中頃にかけて最高気温が35度以上の所が多くなると予想されます。

また、曇りや雨の日が多くなり、今後の13号の進み方によっては大荒れとなるでしょう。

 

台風13号2019の飛行機の欠航や影響!新幹線の運休・運行・遅延は?で調査しています。

台風画像

台風13号2019の飛行機の欠航や影響!新幹線の運休・運行・遅延は?

2019年9月3日

まとめ

いかがでしょうか。

台風13号2019の米軍進路予想やヨーロッパの最新情報!名前が気になる!

と題してお送りしてまいりました。

  • 台風13号の名前は「レンレン」
  • 6、7日には九州地方に上陸
  • 5日昼過ぎには先島諸島に暴風域を伴い接近

 

という結果になりましたね。

さて、台風13号が4日から急に強い台風になったようです。やはり、こう言うことが起こるのが自然現象の怖さですので、台風の卵が発生した時点である程度備えておくことは大事ですね。

私も実家の家族に伝えないといけません、、

それでは私はこの辺で失礼します♪

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です