台風23号2019の米軍進路予想やヨーロッパの最新情報!名前が気になる!

台風で荒れた海の画像

台風19号や21号の影響による大雨がもたらした被害は大きく、復旧にも時間が掛かっています。

次の台風がいつくるのか?気になるところではありますが、先ほど台風23号の発生が確認されました!

ではその次の台風23号について、現在の台風のたまごは発生しているのか?どこに存在するのかを調査しました。

この記事は2019年11月5日21:00に更新済、情報が入り次第順次更新していきます。

連続で来る台風に、疲れ切っている方も多いでしょうが、台風の発生を早めに察知して少しでも準備をしておきましょう。

台風23号2019の米軍進路予想やヨーロッパの最新情報!名前が気になる!ということでどうぞご覧ください。

台風23号について飛行機、新幹線の運行に影響があるのかも下の記事で調査しています。

洪水画像

台風23号2019の飛行機の欠航や影響!新幹線の運休・運行・遅延は?

2019年11月3日

スポンサーリンク


台風23号2019の米軍進路予想図の最新情報


引用: JTWC

JTWC(米軍合同台風警報センター)によると、2019年11月5日21:00現在、マーシャル諸島で発生した台風23号(TS24W”HALONG”)は北西方向へ進んだのち、南鳥島近海で北東へ進路を変える予報が出ています。日本から逸れて移動しているので上陸はなさそうですね

気象の状況は最新の情報が入り次第、随時更新させて頂きます。

今後、予報が変わる可能性も十分ありますから、引き続き注視していきましょう。 

台風24号のたまご(黄色の丸90W)については別記事で解説しています。

台風で荒れた海の画像

台風24号2019の米軍進路予想やヨーロッパの最新情報!名前が気になる!

2019年11月4日

台風23号2019のヨーロッパ予想図の最新情報


引用:https://www.ecmwf.int/

続いてヨーロッパ中期予報センターからの台風23号情報です。4日~10日までの動きですが、台風23号は北西に進路を取った後、東へ逸れていっています。

日本への影響はないようですね

こちらも情報が追加され次第、更新していきます。 

スポンサーリンク


台風23号2019の気象庁の進路予想図の最新情報

台風23号は猛烈な勢いとなりました。中心気圧は920ヘクトパスカル、中心の最大風速は55m、最大瞬間風速は75m、南鳥島近海をゆっくり北西で進んでいます。

今後は進路を北東へ進路を取り日本への影響はなさそうです。

今後の進路など気象情報をこまめにチェックするのが良いでしょう。

台風23号2019の名前はどうなる?

ちなみに台風23号が発生した場合、名前は「ハーロン」になる予定。 

ハーロン(Halong)とはベトナムのハロン湾から来ている名前なのだそうです。

スポンサーリンク


台風23号2019の日本への影響は?

台風23号が発生しましたが、進路からすると日本への影響はなさそうです。追加情報が入り次第更新していきます。

雨が降り易く、気候が変わりやすい時期です。突然の大雨や強風によって被害がもたらされる可能性は高まっています

もしものことを考えて、日用品等は用意しておくのがベターかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

台風23号2019の米軍進路予想やヨーロッパの最新情報!名前が気になる!について調査してまいりました。

  • 気象庁の発表ではマーシャル諸島沖で台風23号が発生、現在は南鳥島近海にある
  • 米軍進路予想では西北西へ進路を取ったのち、北東方向へ進む
  • 11月に上陸した台風の記録もあり、引き続き警戒が必要 
  • 台風23号が発生した場合の名前は「ハーロン(=ベトナムハロン湾) 

という結果になりましたね。

次々と襲い来る台風や大雨で水害など多大な被害を受けている地域もある中、もう来ないで欲しいと思いますよね。

本当にこの台風ラッシュが過ぎ去るのはいつになることやら、自然災害に逆らうことは難しいので、私も実家の家族に対策するように伝えます。

皆様も十分に対策してください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です