3歳までに脂肪細胞が決まるって本当?痩せる食事のたった5つの方法!

子供画像

ここ最近、朝ごはんを食べず牛乳も飲まずフルーツしか食べずに困ってるオカンです。

おはこんばんちゎ。

朝食にしていた『おから蒸しパン』に飽きたのか大食い娘に好き嫌いが出て来たのかは不明やけど、何でかフルーツしか食べず。

朝って喉かわいてるから飲物欲しいと思うねんけどなぁ~と思うけど、牛乳飲む?って聞いても『飲まない!』と。でも夕方保育園帰りには飲むのよね~。何なんやろね。

そこで今回は、3歳までに脂肪細胞が決まるって本当?痩せる食事のたった5つの方法!と題してお届けして参ります。

スポンサーリンク


3歳までに脂肪細胞が決まるって本当?

はい、本当です。

医学的にも3歳までの幼児期は脂肪細胞が急速に増える時期であることがわかっているので、脂肪細胞を増やさない食生活をすることが将来的にも健康で居られると言われています。

一度増えた脂肪細胞は消滅することがないので、3歳までに脂肪細胞を増やさないことを真っ先に考える必要があります。

脂肪細胞が少なくても太っているというのは、脂肪細胞が膨らんで大きくなっているからなんです。実は私がそうなんです。

5000~6000円する遺伝子検査をしてみたことがありまして~、結果は、『誰もがうらやむ太らない体質でバナナ体型』という結果がでましたが、ぽっちゃり~なです。

ということは、脂肪細胞の数は少ないものの、食べ過ぎでカロリーオーバーになっているからぽっちゃり~なになっているということになりますよね。

私のオカンは煮物専門というほど、煮物ばっかりの生活をしていたので、太らない体質になっていたんだと思います。

が、食欲のまま食べ続けてぽっちゃり~なに。脂肪細胞の数は少なくて脂肪細胞が膨らんでいるという状態ですね。

ちなみに、私の体重の振り幅は大きく30kgほどあります。

脂肪細胞の数が少ないと膨らむ数も少なくて済みますが、脂肪細胞の数が多いと膨らむ数が多いので、更に太ってしまうということになります。

3歳までに決まるという脂肪細胞の数は少なくしてあげておくことが将来的に考えても大切ですね。

痩せる食事のたった5つの方法!

油分の少ない食事

油分の多い食事をしていると脂肪細胞も増えやすくなります。
適度な油分は必要ですが、必要以上に食べさせると脂肪細胞が増える原因となります。

油分の少ない食事としては、煮物が代表的ですよね。
筑前煮は色んなお野菜も入っているので良いと思うのですが、鶏肉はモモ肉を使わずにムネ肉を使う方が良いですね。

ムネ肉がパサパサしていて嫌いなのであれば、切って袋に入れ、塩麹でもみもみしてしばらく置いておくとしっとりした鶏ムネ肉になりますよ。

塩麹でもみもみしたムネ肉はそのままレンチンしても味が付いているので、鶏ムネ肉の塩麹蒸しになります。彩りには冷凍のインゲンやらミックスベジタブルを入れると良いですよ。

おやつ制度は無し

我が家ではおやつ制度はありません。
保育園では10時と15時くらいにおやつが出ているようですが、保育園が休みの日はおやつ制度はありません。

どうしてもという場合は、フルーツか豆腐を食べさせています。本人も喜んで食べているので、特に問題は無いようですよ。

市販のおかしというのは少量でも意外とカロリーが高めなので、出来れば止めておいた方が無難でしょうね。

ジュースも飲ませていない

ジュースも我が家にはありません。
あるのは牛乳だけです。

たまにファミレスへ行ったときはジュースを飲ませますが、それ以外でジュースを飲ませることは無いですね。

糖分も脂肪細胞を増やす要因となるので、出来れば止めておいた方が良いでしょう。

食べた分は出す!

ここが大事です。
大食いな娘を持つオカンとしては、食べたらその分出すような食事内容にしています。

ヨーグルトや、納豆なんかがそうですね。
ちょっと前まではおから蒸しパンを朝食に出していたんですけど、お通じは良かったですよ。

納豆1パック(45g)と豆腐6個に分かれているもの1個(60g)を混ぜて、半分を夕食のおかずとしてだしています。栄養価的にも良くお通じにも良いのでオススメです。

ゆっくり食べるように仕向ける

大食いな娘は食べるのも早いんですよ。
なので、満腹中枢が刺激される前に食事が終わっているので、足りない感覚になっているのかも知れないと思い、2歳になってからは、エジソンのお箸を使っています。

流石に納豆腐はお箸で食べれないのかしてスプーンを要求されますが、他のものは最初からお箸で挟んで食べれていて、以前よりは食べる速度が少しゆっくりになったと思います。

太らせないために取ってるオカンの手段!

食事の前にお風呂に入る

夕食の前にお風呂に入るのは、胃が温まると満腹中枢が刺激されるので、食べる量がすくなくて済むという情報を得たので、夕食の前にお風呂に入るようにしています。

今のところ効果があるのかないのか微妙な感じですが、朝食がフルーツだけになっているのは何か関係しているのかも知れませんね。

動くように仕向ける

自分の食べたものは自分で台所まで持って行って片付けるようにさせています。ちょっとした運動ですよね。

後は、ごみポイポイして~やらおむつ交換のときも自分で取って来るように言ってます。

いや~というときもありますが、じゃあコレ出来ないよ?と言うと意外とちゃんと持ってきますよ。

遊びながらリンパマッサージ

こちょこちょして遊んでると思っている娘ですが、オカンはリンパマッサージをしたり脂肪をもみほぐしたりしています(笑)

無駄な抵抗かも知れませんが、やらないよりはマシかな…と。

 

大食いな2歳児(息子や娘)を太らせない5つの食事方法!【体験談】の記事です。

大食いな2歳児(息子や娘)を太らせない5つの食事方法!【体験談】

2019年2月28日

まとめ

3歳までに脂肪細胞が決まるって本当?痩せる食事のたった5つの方法!と題してお届けして参りました。

  • 3歳までに脂肪細胞の数が決まるのは本当!
  • 痩せる食事は煮物や油分の少ない食事!
  • 食べたら余分な分は出す!
  • お手伝いをさせて『ありがとぉ~❤』なんて言うと進んでするようになる。

 

という結果になりました。
いかがでしたでしょうか。

脂肪細胞の数は3歳までに決まるので、なるべく油分の少ない食事・栄養バランスの取れた食事を食べさせてあげましょう。

ってな感じで今日はこの辺で。
まったね~ん♪

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です